労働問題

労働問題に力を入れています

旭合同法律事務所豊橋事務所は,労働問題に力を入れています。

労働問題と一口に言っても,様々な事案があります。例えば,労働者側の相談では,未払残業代請求,解雇無効訴訟,労災による損害賠償請求,パワハラセクハラを受けたことによる慰謝料請求などがあり,会社側の相談では,問題従業員のトラブル対応,社員の競業避止義務違反の対応,採用におけるトラブル対応,就業規則の整備,外国人技能実習生の対応,コンプライアンス相談窓口対応,社内研修対応などがあります。

こうした相談や問題が近年増加していますが,これは,昨今の労働環境の変化である働き方改革,転職市場の活性化,終身雇用衰退による雇用の流動化,外国人労働者の増加などの社会変化の中で,より良い就労場所を求める傾向が強くなっていることが要因であると考えられます。

そのため,会社側は,法令に則った職場環境を整備して働き甲斐がある職場であることをアピールしすることで優秀な人材を確保し,労働者側は,法令に反する事態があれば法的な対応を取ることや職場に見切りをつけて転職を考えるなど,より良い職場環境が求められるようになっています。

また,近年,ESG経営が言われて久しいですが,労働環境の整備や待遇改善による働きがいの創出は,労働者にとってもメリットであり,会社側にとっても優秀な人材を確保することで生産性向上にも繋がります。

より良い労働環境を求める流れは今後より一層拍車がかかると思います。会社経営者の方からは働き手が不足しているという話しを多々聞くことがありますが,就業環境を見直し働き甲斐のある職場を創出することで優秀な従業員を確保し,また,労働者の方からは,深刻な過労の問題や残業代請求などの法的な対処を行う必要があります。労働者側や会社側を問わず,より良い労働環境のために弁護士としてお手伝いできればと考えています。